┃ HOME ┃ サイトマップ ┃

home > 協会からのお知らせ > 

→ Index にもどる



「マンションの建替えの円滑化等に関する法律の一部を改正する法律」の施行等に伴う宅地建物取引業法施行令及び宅地建物取引業法の解釈・運用の考え方の一部改正について(国土交通省)



 平成26年12月24日に施行された「マンションの建替えの円滑化等に関する法律の一部を改正する法律」により、地震に対する安全性が確保されていないマンションの建替え等の円滑化を図るため、マンション敷地売却制度の創設や再築されたマンションの容積率を緩和する特例等が定められました。また、同改正法の施行に併せて、宅建業法の施行令及び解釈・運用の考え方が改正され、同日施行されました。
詳しくは、下記項目をご覧ください。

 ・国土交通省土地・建設産業局不動産業課長通知文
 ・別紙1 「マンションの建替えの円滑化等に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う
       関係政令の整備に関する政令」新旧対照条文
 ・別紙2 「整備政令における宅地建物取引業法施行令改正関係」

 ・別紙3 「宅地建物取引業法の一部改正関係」)