┃ HOME ┃ サイトマップ ┃

index > 宅地建物取引士情報 > 資格試験の概要

平成30年度 宅地建物取引士資格試験 概要

  1. 試験日

    平成30年10月21日(日)

  2. 試験時間
    13:00 ~ 15:00(登録講習修了者 13:10 ~ 15:00)
  3. 申込期間
    ・インターネット受付:7月2日(月)9:30~7月17日(火)21:59
    (一財)不動産適正取引推進機構HP
    ・郵送受付:7月2日(月)~7月31日(火)消印有効
      ※持参による申込み受付は行っておりません。
  4. 受験資格
    年齢・性別・学歴等に関係なく、誰でも受験できます。
  5. 試験の内容
    試験は、宅地建物取引業に関する実用的な知識を有し、その知識が、次の内容のおおむね全般に及んでいるかどうかを判定することに基準を置くものとします。
    ※登録講習修了者は、下記内容のうち、第1号及び第5号に関する問題が免除になり、出題数は、45問となります。
    <内容>
    宅地建物取引業法施行規則(昭和32年建設省令第12号)第8号に定める以下の各号
    1. 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
    2. 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
    3. 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
    4. 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
    5. 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
    6. 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
    7. 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。
    <方法等>
    50問・四肢択一による筆記試験
     ・全国都道府県で同一の問題で同時に行います。
     ・出題の根拠となる法令は、平成30年4月1日現在施行されているものです。
     ・解答用紙は、マークシート方式を採用します。
     ・法令集・計算機類の使用は禁止します。
  6. 受験手数料
    7,000円(振込手数料は受験申込者の負担になります。)
     ※いったん払い込まれた受験手数料は、申込書が受理されなかった場合を除き、返還しません。

お問合せ先