┃ HOME ┃ サイトマップ ┃

index > 不動産無料相談所 > 失敗しないマイホーム購入計画 > 物件調査
 

失敗しないマイホーム購入計画

3.物件調査

目と足でひとつひとつチェックしよう!

 物件について、業者からいろいろな説明を受けると思いますが、納得のいくまで説明を求め、自分の目と足で確かめることが大切です。自分が調査した結果と業者が説明する(あるいは説明した)ことが一致するかどうかが、業者の信用度のチェックポイントのひとつになります。

現地調査のポイント

  1. 自分で、通常の交通機関を使って行く
  2. 現地には二度以上行く
  3. 近所や地元の人にもいろいろ聞いてみる
  4. たくさんの人といっしょに行く
  5. あらかじめチェックリストを作っておく

契約前に、必ず重要事項説明書をもらおう!

  業者は買主に対して、契約する前までに、取引する物件について一定の重要な事項を記載した書面(重要事項説明書)を宅地建物取引士から交付させることになっています。その説明をもとに契約するか否かを決めましょう。
 また個々の取引においてはその他にも重要なことがあるはずです。重要事項説明書に書いてある以外のことで説明を受けたこともはっきり書面に書いてもらいましょう。
 口頭の説明では、後で「説明した」「聞いていない」といった水掛け論になる恐れがあります。 重要事項説明書と一緒に土地の図面、建物の図面、戸建住宅の場合は工事竣工図ももらいましょう。

チェックしたい項目
敷地や建物は?
地形、地盤、隣地との境界、構造、間取りなど。
交通は便利か?
通勤・通学のルート、所要時間など。
住環境は?
日照、通風、交通騒音、振動、臭気、ばい煙、隣地の建設計画など。
日常生活は?
買い物、病院、公共施設など。
供給施設・排水施設は?
電気、ガス、水道、下水道など。施設の所有関係も。
*現地にもっていくもの 地図、広告、時計、巻尺、磁石など。

中古住宅は以下の項目もチェック!
建物の築年数は?
雨漏り、白アリ、地盤沈下などはないか
  増築・改築により違反建築になっていないか?           
  他人の排水施設、占有物件はないか?               
  建築基準法上、再建築は可能か?(接道義務などを満たしているか)   
  付帯設備(照明器具・冷暖房器具など)や植木・庭石などはどうなるのか?

引渡時期は?
売主が居住中で新しい住宅を他に求めている場合は、その取引の完了時点と連動します。
  ボヤなどの事故のあった物件ではないか?             


宅地建物取引士とは

 宅地建物取引士とは都道府県知事が実施する資格試験に合格し、宅地建物取引士証の交付を受けた者をいいます。 重要事項説明時および売買契約などの取引の立会いの際は宅地建物取引士証を提示し、身分を明らかにした上で立ち会わなければなりません。宅地建物取引業を営む事務所では、従業員5人につき最低1人の宅地建物取引士を置くことが義務づけられています。

登記のチェック

登記された権利関係(所有権、抵当権、地役権など)を物件所在地を管轄する登記所(法務局)の登記簿で確認しましょう。また、登記所で公図(土地の地図台帳)も閲覧できるので、道路の状況、隣地との関係などを確認しましょう。

法令に基づく制限をご存知ですか

建物を建築する場合には、都市計画法、建築基準法など制限法令がたくさんあるので、わからない場合は物件の所在地を管轄する建築課などに問い合わせるのもよいでしょう。